• ブルーベルリトミック

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。 年が明けたと思ったら早1週間、これではあっと言う間に1年が過ぎそうです。 ブルーベルリトミックも気がついたら10年。子供達は年々成長しているのを見られるのは本当に幸せです。 ブルーベルリトミックは毎年ステージに向けて約2ヶ月位集まって練習するのですが、毎年1年ぶりに子供達に会うと身体の成長ももちろんですが、精神的な成長も驚かされます。 こちらから見ると子供だ子供だと思っていても、その子の下の年の子が来ると急にお兄さんお姉さんに早変わりします。 今年のフェスティバル本番の直前リハーサルのとき、ある年中さんの初舞台のお子さんが母さんの姿が見えなくなって泣いてしまいました。スタッフがお母さんを探し回っている間、小学生の1年〜3年生の女の子達が、優しく声をかけながらその子の手を引いて慰めて、衣装の着替えまで手伝っているではありませんか。普通なら自分達がお母さんに手伝ってもらってるぐらいなのに急な変身ぶりにびっくりです。 そのせいかその後のいつももたつく自分達の着替えも素早いこと。本番には着替えタイムをとっていますが、予想よりみんなテキパキしていました。ブルーベルリトミックの本番は、親は客席でみることになっているのでスタッフが少ない中自分のことは自分でやらなければなりません。今は子供の数が少なくなり、上の子が下の子の面倒をみる機会も減って来ましたが、一緒に一緒にやることによって新しい絆も生まれます。 また本番の子供達のりりしい顔には毎回惚れ惚れします。

何の本番もそうですが、本番の出来はさておき舞台に向かう子供達の表情が一番好きです。 これがあるから舞台はなかなかやめられません。

青村理恵子

9回の閲覧

最新記事

すべて表示

コロナ禍の中で…

10年続けて来たリトミックフェスティバルも 来年1月の公演をお休みすることにしました。 楽しみにしていた子ども達が集まって来て、演目や振り付けもスタッフで練っている最中だったので本当に残念です。 9月からコンサートの客席の制限も元に戻ってちょっと胸を撫で下ろしていたのでこの11月の北海道の新型コロナウィルスの感染者の増え方が衝撃でした。 思えば今年の2月から新型コロナウィルスの話しが出始めて、春に

リトミックフェスティバル

今回のリトミックフェスティバルも徐々に動きだしました。😍 コロナがなかなか収まらない中、日々悩みながらレッスンしています。 最近はソーシャルディスタンスなどで人と人との繋がりが希薄になってしまって悲しいですね。でもこう時だからこそステージで一つの目標に向かって忘れかけている絆や出会いを大切にしたいと考えています。 リトミックフェスティバルは来年1月17日(日)ちえりあホールです。 例年はオー

第11回ブルーベルリトミックフェスティバルのお知らせ

暑さが遠のいて秋の気配と共にリトミック教室に来られる月一の生徒さんも増えて来ました。 年一回のフェスティバルだけではせっかく 来年の1月はどのような社会状況か分からずブルーベルフェスティバルの開催も悩みましたが、終息しつつあることと、今は前に進むべきと考えて開催することにしました。 2021年1月17日(日)ちえりあホールです。 今までは、ホールを午後、夜間で借りてリトミックのステージとピアノ発表

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now