• ブルーベルリトミック

コロナ禍の中で…

 10年続けて来たリトミックフェスティバルも

来年1月の公演をお休みすることにしました。

楽しみにしていた子ども達が集まって来て、演目や振り付けもスタッフで練っている最中だったので本当に残念です。


 9月からコンサートの客席の制限も元に戻ってちょっと胸を撫で下ろしていたのでこの11月の北海道の新型コロナウィルスの感染者の増え方が衝撃でした。


 思えば今年の2月から新型コロナウィルスの話しが出始めて、春になったら収まるだろう、

夏になったら収まるだろう、秋、冬とついに1年が巡ってしまいました。

私達だけでなく、コンサートや演劇、バレエなど悩んで揺れ動いている方は世界中たくさんいるでしょう。


 話したり、聞いたり、触れ合ったり人間同士当たり前に出来ていたことが出来なくなってそのことがこんなにも大変だったと思い知らされています。

レッスンやコンサートも現代の人間の知恵を使ってズームやYouTubeを使い、工夫をされている人もいます。しかしこれはあくまで今の一時凌ぎであって、これが日常になってしまうことを心配しています。


 コンピューターやスマートホンが出来て世の中は変わりました。今の子ども達はほとんどが遊び相手がゲーム(機械)になっています。それが今回のコロナウィルス騒動で増々拍車をかけることにならないでしょうか。

今の子ども達はソーシャルディスタンスという言葉を教えられ、手をつないだり、じゃれあったりすることが禁止されています。

常にマスクをつけて表情もはっきりしないまま元気な声も発せず、こういうことが当たり前になったら子どもの社会はどうなってしまうのでしょう。

感染も確かに恐ろしいですが、子ども達の成長がとても心配です。


 再来年になってしまいますが、次回のリトミックフェスティバルは、みんなで顔を寄せて合い、思い切り声をだしたり、笑ったり踊ったり、また元の日常に戻ることを切に願っています。


青村理恵子

26回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

お知らせ

月に一度、第2日曜日に開催しておりました親子リトミックとキッズリトミックですが、年間30回の定期レッスンに移行することにしました。 延べ人数はたくさんの方々に参加して頂きましたが、この1年は、コロナに翻弄された1年でした。非常事態宣言が出てやむなく休講にしたり、生徒さん自身も大事をとってお休みされたりと中々大変な1年でした。 レッスンに参加された時は"楽しかった"とみんなニコニコなのですが、それが

リトミック勉強会

2021年も明けて1ヶ月になろうとしていますがまだ明るいニュースは入って来ませんね。 皆さんはいかがお過ごしでしょうか? 先週の日曜日にちえりあホールでリトミックの勉強会を終えました。 今年度のリトミックフェスティバルは中止になりましたが、ホールは予約していたため"何か来年につながることはできないだろうか?"と講師で話し合いました。 講師の菅原麗さんの発案で生のピアノ演奏を使ってそれに振りをつける

参加のお願い

外はイルミネーションがキラキラとしていて楽しそうにクリスマスの音楽が流れていますが、自粛が続き気持ちが前向きになれない毎日ですね。  世界中、音楽家もダンサーも劇団員も合唱も吹奏楽もオーケストラもプロもアマも学生さんも照明さんや音響さんも、皆んな今までやって来たことが出来なくなって悩んでいると思います。 10年続けて来たリトミックのフェスティバルも中止にしました。いつも子ども達を集めるのに苦労し、

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now