• ブルーベルリトミック

コロナ禍の中で…

 10年続けて来たリトミックフェスティバルも

来年1月の公演をお休みすることにしました。

楽しみにしていた子ども達が集まって来て、演目や振り付けもスタッフで練っている最中だったので本当に残念です。


 9月からコンサートの客席の制限も元に戻ってちょっと胸を撫で下ろしていたのでこの11月の北海道の新型コロナウィルスの感染者の増え方が衝撃でした。


 思えば今年の2月から新型コロナウィルスの話しが出始めて、春になったら収まるだろう、

夏になったら収まるだろう、秋、冬とついに1年が巡ってしまいました。

私達だけでなく、コンサートや演劇、バレエなど悩んで揺れ動いている方は世界中たくさんいるでしょう。


 話したり、聞いたり、触れ合ったり人間同士当たり前に出来ていたことが出来なくなってそのことがこんなにも大変だったと思い知らされています。

レッスンやコンサートも現代の人間の知恵を使ってズームやYouTubeを使い、工夫をされている人もいます。しかしこれはあくまで今の一時凌ぎであって、これが日常になってしまうことを心配しています。


 コンピューターやスマートホンが出来て世の中は変わりました。今の子ども達はほとんどが遊び相手がゲーム(機械)になっています。それが今回のコロナウィルス騒動で増々拍車をかけることにならないでしょうか。

今の子ども達はソーシャルディスタンスという言葉を教えられ、手をつないだり、じゃれあったりすることが禁止されています。

常にマスクをつけて表情もはっきりしないまま元気な声も発せず、こういうことが当たり前になったら子どもの社会はどうなってしまうのでしょう。

感染も確かに恐ろしいですが、子ども達の成長がとても心配です。


 再来年になってしまいますが、次回のリトミックフェスティバルは、みんなで顔を寄せて合い、思い切り声をだしたり、笑ったり踊ったり、また元の日常に戻ることを切に願っています。


青村理恵子

13回の閲覧

最新記事

すべて表示

リトミックフェスティバル

今回のリトミックフェスティバルも徐々に動きだしました。😍 コロナがなかなか収まらない中、日々悩みながらレッスンしています。 最近はソーシャルディスタンスなどで人と人との繋がりが希薄になってしまって悲しいですね。でもこう時だからこそステージで一つの目標に向かって忘れかけている絆や出会いを大切にしたいと考えています。 リトミックフェスティバルは来年1月17日(日)ちえりあホールです。 例年はオー

第11回ブルーベルリトミックフェスティバルのお知らせ

暑さが遠のいて秋の気配と共にリトミック教室に来られる月一の生徒さんも増えて来ました。 年一回のフェスティバルだけではせっかく 来年の1月はどのような社会状況か分からずブルーベルフェスティバルの開催も悩みましたが、終息しつつあることと、今は前に進むべきと考えて開催することにしました。 2021年1月17日(日)ちえりあホールです。 今までは、ホールを午後、夜間で借りてリトミックのステージとピアノ発表

今年のコンクール

夏はピアノもコンクールのシーズンです。 でも今年はコロナ禍で軒並み中止に追い込まれています。 そんな中で毎日こどもコンクールは、予選はweb審査、本選はサンプラザホールで行われました。やはりピアノを一生懸命やっている子ども達にとっては学習の目標が必要ですので開催して頂けたのは本当にありがたかったです。 予選は初めての録音審査ということで細かいことに気をつけたり、生徒自身が自分の録音を何回も聞いたり

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now