• ブルーベルリトミック

サロンコンサート

    昨年から年に4回程自宅でサロンコンサートを開催しています。 毎回ゲストをお呼びして1部にコンサート、美味しいケーキとお茶を頂いて休憩をした後2部では、ソプラノ歌手に指導して頂きながら参加者全員で歌を歌っています。 コンセプトはまず美しい音楽で耳を癒し、美味しい食でお腹を満たし、最後はみんなが音楽に参加するということです。 私はピアノを担当しているのですが、いつも感心するのは最後に歌う歌は指導の素晴らしさもあって参加者の気持ちが一つになることです。音楽で心がつながる喜びの瞬間でもあります。    もう一つの楽しみは、冒頭のコンサート部分です。ゲストは彼らがまだ学生だったころに知り合いその後研鑽を積み札幌に帰って活躍されている方々です。私自身長く教師生活を続けていて才能のある学生に出会うのも喜びですが、その後羽ばたいて何年も年数が経ち様々な経験を積んで素晴らしい演奏家になっていることです。最初の出会いから何年も経って改めて共演してみると(ピアノの伴奏者として)彼ら(彼女)が 如何に真摯に音楽に向き合い、様々な人生経験を積み重ねてきたかを感じることができます。   昨日のコンサートのゲストはバイオリンニストでした。彼とは10年前音楽家になる決心をして受けたコンクールの伴奏を引き受けたことで知り合いました。音楽大学に行かなかった彼はほとんど独学でバイオリンを勉強し、その後様々な音楽祭や海外で研鑽を積み現在はオーケストラでプロとして活動しています。 もちろん10年前にも才能は感じましたが、その後全く音信もなかった10年間にどんな人生があったのか感じながら私はワクワクして伴奏をしていました。お客様は美しく、甘い音色の奥に秘めた魅惑的なバイオリンの音色にすっかり虜になっていました。   音楽は表面的にはテクニックが重要で、技術がないと気持ちを上手く表現することが出来ないのですが、音楽の本質は音楽を通じて歩んでいるその演奏家の人生を物語るものだと思います。   若い才能の出会いとその成長に喜びを感じつつ今後も音楽でつながる素晴らしさを伝えて行きたいと思っています。

青村 理恵子

20回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

お知らせ

月に一度、第2日曜日に開催しておりました親子リトミックとキッズリトミックですが、年間30回の定期レッスンに移行することにしました。 延べ人数はたくさんの方々に参加して頂きましたが、この1年は、コロナに翻弄された1年でした。非常事態宣言が出てやむなく休講にしたり、生徒さん自身も大事をとってお休みされたりと中々大変な1年でした。 レッスンに参加された時は"楽しかった"とみんなニコニコなのですが、それが

リトミック勉強会

2021年も明けて1ヶ月になろうとしていますがまだ明るいニュースは入って来ませんね。 皆さんはいかがお過ごしでしょうか? 先週の日曜日にちえりあホールでリトミックの勉強会を終えました。 今年度のリトミックフェスティバルは中止になりましたが、ホールは予約していたため"何か来年につながることはできないだろうか?"と講師で話し合いました。 講師の菅原麗さんの発案で生のピアノ演奏を使ってそれに振りをつける

参加のお願い

外はイルミネーションがキラキラとしていて楽しそうにクリスマスの音楽が流れていますが、自粛が続き気持ちが前向きになれない毎日ですね。  世界中、音楽家もダンサーも劇団員も合唱も吹奏楽もオーケストラもプロもアマも学生さんも照明さんや音響さんも、皆んな今までやって来たことが出来なくなって悩んでいると思います。 10年続けて来たリトミックのフェスティバルも中止にしました。いつも子ども達を集めるのに苦労し、