• ブルーベルリトミック

ピアノの時間


  子どもの頃ピアノの練習は先生が怖かったせいか絶対しなくてはいけない憂鬱な時間だった。 その後音楽大学を目指すようになり試験やコンクールに追われて練習時間はいつも必死だったのだが、大学に入学してからは毎日の練習が楽しい時間に変わった。それは、新しい先生との出会いだったり、知らない曲を沢山勉強出来た事が理由だったのかもしれない。   大学を卒業した後、私はベルギーに留学をしたのだが、留学した当初は語学も全然出来なかったし、今とは違って携帯電話もなくて日本との連絡手段は手紙と高い国際電話だけ、ホームシックになりながらとにかくがむしゃらにピアノに向かった。寂しかったし、唯一安らげるのがピアノの時間だったのかもしれない。 その後友人が出来、語学が上達してからも毎日沢山練習したけれど、一番ひたむきにピアノと向かいあったのは留学当初だったように思う。

   その後、帰国をして家庭を持つようになりピアノは練習時間を確保しないと弾けない状況になった。あんなに毎日一緒に過ごしていたのに。

  子どもが成長し、自分の時間にゆとりを持てるようになって、またピアノの時間が帰ってきた。ピアノと一緒に年をとったせいか、私が優しい気持ちで弾くと優しい音が返って来るし、落ち込んでいる時はどこか音が沈んで返って来るような気がする。今までもこれからも、ピアノは私の人生の友達、これから先、歳をとって指がだんだん動かなくなっても1日に1度は子どもの頃からのピアノとの語らいを続けて行きたいと思う。

青村 理恵子

26回の閲覧

最新記事

すべて表示

コロナ禍の中で…

10年続けて来たリトミックフェスティバルも 来年1月の公演をお休みすることにしました。 楽しみにしていた子ども達が集まって来て、演目や振り付けもスタッフで練っている最中だったので本当に残念です。 9月からコンサートの客席の制限も元に戻ってちょっと胸を撫で下ろしていたのでこの11月の北海道の新型コロナウィルスの感染者の増え方が衝撃でした。 思えば今年の2月から新型コロナウィルスの話しが出始めて、春に

リトミックフェスティバル

今回のリトミックフェスティバルも徐々に動きだしました。😍 コロナがなかなか収まらない中、日々悩みながらレッスンしています。 最近はソーシャルディスタンスなどで人と人との繋がりが希薄になってしまって悲しいですね。でもこう時だからこそステージで一つの目標に向かって忘れかけている絆や出会いを大切にしたいと考えています。 リトミックフェスティバルは来年1月17日(日)ちえりあホールです。 例年はオー

第11回ブルーベルリトミックフェスティバルのお知らせ

暑さが遠のいて秋の気配と共にリトミック教室に来られる月一の生徒さんも増えて来ました。 年一回のフェスティバルだけではせっかく 来年の1月はどのような社会状況か分からずブルーベルフェスティバルの開催も悩みましたが、終息しつつあることと、今は前に進むべきと考えて開催することにしました。 2021年1月17日(日)ちえりあホールです。 今までは、ホールを午後、夜間で借りてリトミックのステージとピアノ発表

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now