• ブルーベルリトミック

ピアノの時間


  子どもの頃ピアノの練習は先生が怖かったせいか絶対しなくてはいけない憂鬱な時間だった。 その後音楽大学を目指すようになり試験やコンクールに追われて練習時間はいつも必死だったのだが、大学に入学してからは毎日の練習が楽しい時間に変わった。それは、新しい先生との出会いだったり、知らない曲を沢山勉強出来た事が理由だったのかもしれない。   大学を卒業した後、私はベルギーに留学をしたのだが、留学した当初は語学も全然出来なかったし、今とは違って携帯電話もなくて日本との連絡手段は手紙と高い国際電話だけ、ホームシックになりながらとにかくがむしゃらにピアノに向かった。寂しかったし、唯一安らげるのがピアノの時間だったのかもしれない。 その後友人が出来、語学が上達してからも毎日沢山練習したけれど、一番ひたむきにピアノと向かいあったのは留学当初だったように思う。

   その後、帰国をして家庭を持つようになりピアノは練習時間を確保しないと弾けない状況になった。あんなに毎日一緒に過ごしていたのに。

  子どもが成長し、自分の時間にゆとりを持てるようになって、またピアノの時間が帰ってきた。ピアノと一緒に年をとったせいか、私が優しい気持ちで弾くと優しい音が返って来るし、落ち込んでいる時はどこか音が沈んで返って来るような気がする。今までもこれからも、ピアノは私の人生の友達、これから先、歳をとって指がだんだん動かなくなっても1日に1度は子どもの頃からのピアノとの語らいを続けて行きたいと思う。

青村 理恵子

26回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

お知らせ

月に一度、第2日曜日に開催しておりました親子リトミックとキッズリトミックですが、年間30回の定期レッスンに移行することにしました。 延べ人数はたくさんの方々に参加して頂きましたが、この1年は、コロナに翻弄された1年でした。非常事態宣言が出てやむなく休講にしたり、生徒さん自身も大事をとってお休みされたりと中々大変な1年でした。 レッスンに参加された時は"楽しかった"とみんなニコニコなのですが、それが

リトミック勉強会

2021年も明けて1ヶ月になろうとしていますがまだ明るいニュースは入って来ませんね。 皆さんはいかがお過ごしでしょうか? 先週の日曜日にちえりあホールでリトミックの勉強会を終えました。 今年度のリトミックフェスティバルは中止になりましたが、ホールは予約していたため"何か来年につながることはできないだろうか?"と講師で話し合いました。 講師の菅原麗さんの発案で生のピアノ演奏を使ってそれに振りをつける

参加のお願い

外はイルミネーションがキラキラとしていて楽しそうにクリスマスの音楽が流れていますが、自粛が続き気持ちが前向きになれない毎日ですね。  世界中、音楽家もダンサーも劇団員も合唱も吹奏楽もオーケストラもプロもアマも学生さんも照明さんや音響さんも、皆んな今までやって来たことが出来なくなって悩んでいると思います。 10年続けて来たリトミックのフェスティバルも中止にしました。いつも子ども達を集めるのに苦労し、

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now