• ブルーベルリトミック

ピアノレッスンのためのリトミック

みなさん、こんにちは 先日開催された2月の月一も大盛り上がりで、沢山の生徒さんが参加してくれました。 新しい生徒さんとの出会いもあり、講師共々嬉しい気持ちでいっぱいです。 さて、先日娘からとても良い本を紹介してもらったので、是非みなさんにも紹介したいと思います。 ジュリアン・ブラック&ステファン・ムーア著 「ピアノレッスンのためのリトミック」カワイ出版という本です。 これは、まさにこれはブルーベルリトミックが目指していることなので、内容を少し紹介しますね。  ジャック=ダルクローズ(リトミックの理念を考え出した人)の目指していたのは、人に作曲家の意図が伝わる音楽でした。ダルクローズは音楽的な表現を高めるためには、全身を演奏に注ぎ込み、神経を研ぎ澄ませ、感受性豊かに心を柔軟にし、演奏家と聴衆に音楽の流れの中にあるメッセージを聴くことだと言っています。 そしてこの本は、その実践方法を実際の曲を持ちいて説明しています。 私がこの本を読んで嬉しかったのは、それが実際のクラシックの曲を使って説明していることでした。ピアノを教えている先生方には是非読んで実践してみて下さい。 ピアノを習っている子ども達、ピアノ以外の楽器を習っている子ども達、バレエやダンスを習っている子ども達も表現するという意味では全て同じ表現者です。 音楽の喜びは表現することとその表現を感じる取ることだと思います。 2〜3歳で音楽に親しみ 3〜6歳でリズム感や音感を養い 6〜大人でフレーズの取り方や脱力、呼吸を学び表現力を高める 段階を踏んでそれぞれのプログラムに沿ったリトミックを行なっていくことによって、表現力を身につけていくことが可能になるのです。 ブルーベルリトミックでも、現在2歳頃〜中学生までの生徒さんがリトミックに参加していますが、それぞれのプログラムによって確実に成長し、その効果を実感しています。 これから音楽を始めたい方、音楽の表現をどうしたらいいか悩んでいる方、まずはお気軽にご連絡お待ちしております。 青村理恵子

23回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

お知らせ

月に一度、第2日曜日に開催しておりました親子リトミックとキッズリトミックですが、年間30回の定期レッスンに移行することにしました。 延べ人数はたくさんの方々に参加して頂きましたが、この1年は、コロナに翻弄された1年でした。非常事態宣言が出てやむなく休講にしたり、生徒さん自身も大事をとってお休みされたりと中々大変な1年でした。 レッスンに参加された時は"楽しかった"とみんなニコニコなのですが、それが

リトミック勉強会

2021年も明けて1ヶ月になろうとしていますがまだ明るいニュースは入って来ませんね。 皆さんはいかがお過ごしでしょうか? 先週の日曜日にちえりあホールでリトミックの勉強会を終えました。 今年度のリトミックフェスティバルは中止になりましたが、ホールは予約していたため"何か来年につながることはできないだろうか?"と講師で話し合いました。 講師の菅原麗さんの発案で生のピアノ演奏を使ってそれに振りをつける

参加のお願い

外はイルミネーションがキラキラとしていて楽しそうにクリスマスの音楽が流れていますが、自粛が続き気持ちが前向きになれない毎日ですね。  世界中、音楽家もダンサーも劇団員も合唱も吹奏楽もオーケストラもプロもアマも学生さんも照明さんや音響さんも、皆んな今までやって来たことが出来なくなって悩んでいると思います。 10年続けて来たリトミックのフェスティバルも中止にしました。いつも子ども達を集めるのに苦労し、