• ブルーベルリトミック

ピアノレッスンのためのリトミック

みなさん、こんにちは 先日開催された2月の月一も大盛り上がりで、沢山の生徒さんが参加してくれました。 新しい生徒さんとの出会いもあり、講師共々嬉しい気持ちでいっぱいです。 さて、先日娘からとても良い本を紹介してもらったので、是非みなさんにも紹介したいと思います。 ジュリアン・ブラック&ステファン・ムーア著 「ピアノレッスンのためのリトミック」カワイ出版という本です。 これは、まさにこれはブルーベルリトミックが目指していることなので、内容を少し紹介しますね。  ジャック=ダルクローズ(リトミックの理念を考え出した人)の目指していたのは、人に作曲家の意図が伝わる音楽でした。ダルクローズは音楽的な表現を高めるためには、全身を演奏に注ぎ込み、神経を研ぎ澄ませ、感受性豊かに心を柔軟にし、演奏家と聴衆に音楽の流れの中にあるメッセージを聴くことだと言っています。 そしてこの本は、その実践方法を実際の曲を持ちいて説明しています。 私がこの本を読んで嬉しかったのは、それが実際のクラシックの曲を使って説明していることでした。ピアノを教えている先生方には是非読んで実践してみて下さい。 ピアノを習っている子ども達、ピアノ以外の楽器を習っている子ども達、バレエやダンスを習っている子ども達も表現するという意味では全て同じ表現者です。 音楽の喜びは表現することとその表現を感じる取ることだと思います。 2〜3歳で音楽に親しみ 3〜6歳でリズム感や音感を養い 6〜大人でフレーズの取り方や脱力、呼吸を学び表現力を高める 段階を踏んでそれぞれのプログラムに沿ったリトミックを行なっていくことによって、表現力を身につけていくことが可能になるのです。 ブルーベルリトミックでも、現在2歳頃〜中学生までの生徒さんがリトミックに参加していますが、それぞれのプログラムによって確実に成長し、その効果を実感しています。 これから音楽を始めたい方、音楽の表現をどうしたらいいか悩んでいる方、まずはお気軽にご連絡お待ちしております。 青村理恵子

20回の閲覧

最新記事

すべて表示

コロナ禍の中で…

10年続けて来たリトミックフェスティバルも 来年1月の公演をお休みすることにしました。 楽しみにしていた子ども達が集まって来て、演目や振り付けもスタッフで練っている最中だったので本当に残念です。 9月からコンサートの客席の制限も元に戻ってちょっと胸を撫で下ろしていたのでこの11月の北海道の新型コロナウィルスの感染者の増え方が衝撃でした。 思えば今年の2月から新型コロナウィルスの話しが出始めて、春に

リトミックフェスティバル

今回のリトミックフェスティバルも徐々に動きだしました。😍 コロナがなかなか収まらない中、日々悩みながらレッスンしています。 最近はソーシャルディスタンスなどで人と人との繋がりが希薄になってしまって悲しいですね。でもこう時だからこそステージで一つの目標に向かって忘れかけている絆や出会いを大切にしたいと考えています。 リトミックフェスティバルは来年1月17日(日)ちえりあホールです。 例年はオー

第11回ブルーベルリトミックフェスティバルのお知らせ

暑さが遠のいて秋の気配と共にリトミック教室に来られる月一の生徒さんも増えて来ました。 年一回のフェスティバルだけではせっかく 来年の1月はどのような社会状況か分からずブルーベルフェスティバルの開催も悩みましたが、終息しつつあることと、今は前に進むべきと考えて開催することにしました。 2021年1月17日(日)ちえりあホールです。 今までは、ホールを午後、夜間で借りてリトミックのステージとピアノ発表

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now