• ブルーベルリトミック

リトミックフェスティバル

今回のリトミックフェスティバルも徐々に動きだしました。😍 コロナがなかなか収まらない中、日々悩みながらレッスンしています。

最近はソーシャルディスタンスなどで人と人との繋がりが希薄になってしまって悲しいですね。でもこう時だからこそステージで一つの目標に向かって忘れかけている絆や出会いを大切にしたいと考えています。 リトミックフェスティバルは来年1月17日(日)ちえりあホールです。 例年はオーケストラの作品をCDを使って、身体表現をするのがメインだったのですが、今回は生のピアノ演奏を使って身体表現をしたいと考えています。リトミックの創始者のダルクローズも言ってますが、リトミックの本質は楽器を演奏するときの身体の使い方ですね。本番は衣装もつけて音楽に合わせてなり切って演じることを目指したいと思います。 ピアノの演奏は生徒が担当しますが、弾く方も踊る方も呼吸が必要ですね。どちらのレッスンにも熱が入りそうです🔥 前回の小学生のためのリトミックレッスンでは舞曲に合わせて踊りました。 モーツァルトのメヌエット、ブルグミュラーのシチリアダンス、タランテラに合わせて踊ってみました。どの曲も拍子が違います。 皆んなでステップを踏んだり、手拍子をしたり、本当に楽しそうでした😊 音楽と舞曲の結びつきは強いですね。 よく考えたら踊りには音楽が不可欠。 ピアノの曲を考えてもワルツ、メヌエット、マーチなど元々は踊のために出来たが数多くあります。 さてフェスティバルではさらに曲にもバラエティを加え、バルトークの民族舞踊やドビュッシーの花火を演じたいと考えています。 それに加えて今年の目玉は、素晴らしいチームワークで演舞を披露する札幌で有名な"よさこい"チームがブルーベルリトミックの応援に来て下さることになりました‼️ チームリーダーは麗先生の後輩と言うこともあり、今回参加するブルーベルの生徒たちにも一緒に踊れるように指導して下さるそうです。 私も今からワクワクしています。 第11回のブルーベルリトミックフェスティバルは1月17(日)です。初めての方ももちろん参加可能です。詳しい内容や様子を見たい方は11月8日の月1リトミックに来てください。 申し込みはそれからでも大丈夫です。 ご連絡お待ちしています。 青村理恵子

33回の閲覧

最新記事

すべて表示

コロナ禍の中で…

10年続けて来たリトミックフェスティバルも 来年1月の公演をお休みすることにしました。 楽しみにしていた子ども達が集まって来て、演目や振り付けもスタッフで練っている最中だったので本当に残念です。 9月からコンサートの客席の制限も元に戻ってちょっと胸を撫で下ろしていたのでこの11月の北海道の新型コロナウィルスの感染者の増え方が衝撃でした。 思えば今年の2月から新型コロナウィルスの話しが出始めて、春に

第11回ブルーベルリトミックフェスティバルのお知らせ

暑さが遠のいて秋の気配と共にリトミック教室に来られる月一の生徒さんも増えて来ました。 年一回のフェスティバルだけではせっかく 来年の1月はどのような社会状況か分からずブルーベルフェスティバルの開催も悩みましたが、終息しつつあることと、今は前に進むべきと考えて開催することにしました。 2021年1月17日(日)ちえりあホールです。 今までは、ホールを午後、夜間で借りてリトミックのステージとピアノ発表

今年のコンクール

夏はピアノもコンクールのシーズンです。 でも今年はコロナ禍で軒並み中止に追い込まれています。 そんな中で毎日こどもコンクールは、予選はweb審査、本選はサンプラザホールで行われました。やはりピアノを一生懸命やっている子ども達にとっては学習の目標が必要ですので開催して頂けたのは本当にありがたかったです。 予選は初めての録音審査ということで細かいことに気をつけたり、生徒自身が自分の録音を何回も聞いたり

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now