• ブルーベルリトミック

レッスンの後のワクワク感


   子供の頃習っていた先生は厳しい怖い先生でした。レッスンではいつも怒られて半泣きべそで帰っていました。先生のお家は当時バスで30分以上かかる場所だったのですが、よく帰りはバス代を浮かせて寄り道しながら歩いて帰りました。最初のうちは落ち込んでレッスンで怒られたことを考えて歩いているのですが、そのうちウィンドウをのぞいたり、お店に入ってみたり、公園に寄り道したりしてるうちにすっかり怒られたことは忘れてしまい家に着いた頃にはお腹も空いてすっきりしていました。 時は過ぎて音楽大学に入っても一週間に一度のピアノのレッスンの後は格別でした。さすがに怒られることはなくなりましたが、朝の5時から学校に行って練習して夕方のレッスンが終わった後は友人とよくご飯を食べに行きました。 その日の開放感とご飯の美味しさは今でも忘れられません。きっと色々なお天気もあったのでしょうが思い出されるのは夕陽が沈みかけた大学の前の食欲がそそられる匂いがたちこめた商店街です。 その後海外に行って場所も学校も先生も変わってもレッスンの後の開放感はずっと続きました。 また時が経って自分の子供たちがヴァイオリンとピアノを習うようになってそのワクワク感は子供に引き継がれたようです。 レッスン前はいつも親子ケンカになり険悪な状態で行くのですが、終わった後はすっきりとしてこちらもウキウキしてコンビニでお菓子を買って帰りの車で食べたり、外でご飯を食べたり子供たちも上機嫌で本当に幸せな気分になりました。家に帰ってまた練習が再開されると親子ゲンカになり最悪の状態でレッスンに行くのですが終わった後は開放感に浸るというループを何年もの間繰り返しました。    子供たちも大きくなりそういうことは終わってしまいましたが、そのワクワク感はいい思い出として今でも思い出します。 毎週のルーティーンの中で何かを成し遂げた達成感は何にもまして爽やかなものです。 また子供とその時間を共有出来たことは本当に良かったと思います。 今、習い事をされている方もレッスンの後、子供と何でもいいので共有の楽しい時間を作って下さい。何年も経ってきっといい思い出になります。

青村理恵子

25回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

お知らせ

月に一度、第2日曜日に開催しておりました親子リトミックとキッズリトミックですが、年間30回の定期レッスンに移行することにしました。 延べ人数はたくさんの方々に参加して頂きましたが、この1年は、コロナに翻弄された1年でした。非常事態宣言が出てやむなく休講にしたり、生徒さん自身も大事をとってお休みされたりと中々大変な1年でした。 レッスンに参加された時は"楽しかった"とみんなニコニコなのですが、それが

リトミック勉強会

2021年も明けて1ヶ月になろうとしていますがまだ明るいニュースは入って来ませんね。 皆さんはいかがお過ごしでしょうか? 先週の日曜日にちえりあホールでリトミックの勉強会を終えました。 今年度のリトミックフェスティバルは中止になりましたが、ホールは予約していたため"何か来年につながることはできないだろうか?"と講師で話し合いました。 講師の菅原麗さんの発案で生のピアノ演奏を使ってそれに振りをつける

参加のお願い

外はイルミネーションがキラキラとしていて楽しそうにクリスマスの音楽が流れていますが、自粛が続き気持ちが前向きになれない毎日ですね。  世界中、音楽家もダンサーも劇団員も合唱も吹奏楽もオーケストラもプロもアマも学生さんも照明さんや音響さんも、皆んな今までやって来たことが出来なくなって悩んでいると思います。 10年続けて来たリトミックのフェスティバルも中止にしました。いつも子ども達を集めるのに苦労し、