• ブルーベルリトミック

"一流であり続ける"ということ

先週発表会が終わり、春休みを利用して京都旅行に行って来ました。 京都は少しひんやりとしていて、桜はまだ蕾の状態でしたが清水寺や嵐山など沢山の名所を訪れ京都を満喫することができました。 2日目の晩、家族で懐石料理を食べに夫婦で切り盛りしている隠れ家風のお店を訪れました。ご主人が作る懐石料理はとても繊細かつ丁寧で、やわらかな雰囲気があり音楽に例えならばまさにロマン派と言える、絶品でした。手間を惜しまないお料理の数々を堪能しながら   そこまでこだわりを持つ理由を尋ねたところ『最近は既製品でも美味しいものがたくさん出回っていて、一つ気を許して楽をしてしまうと落ちるところまで落ちてしまいお客様を裏切る結果になる』と。そうしないのは『若い頃の厳しい修行があったから』とお話ししてました。

音楽の世界も料理の世界も、一流であり続けるためには努力をし続けなければならない、という点においては共通していると言えます。 内田光子やマリアジョアンピレシュなどの一流のピアニスト達は天才的な才能を持ちながらも常に自分に奢らず、決して努力を怠らず、ひたむきにピアノに向かっているからこそいつまでも一流であり続けられのです。 沢山の才能溢れるピアニストが次々と現れては消えていくなかで、一流に上り詰めることよりも一流を維持し続ける事の方が過酷で大変な事なのではないでしょうか。 京都で出会った懐石料理からふと一流の世界を垣間見た瞬間でした。

春休みも今週で終わり、来週からはまたレッスンが始まりますが、いつまでも学ぶ姿勢を忘れ続けない先生であり続けたいと思う今日この頃です。

青村 理恵子

13回の閲覧

最新記事

すべて表示

コロナ禍の中で…

10年続けて来たリトミックフェスティバルも 来年1月の公演をお休みすることにしました。 楽しみにしていた子ども達が集まって来て、演目や振り付けもスタッフで練っている最中だったので本当に残念です。 9月からコンサートの客席の制限も元に戻ってちょっと胸を撫で下ろしていたのでこの11月の北海道の新型コロナウィルスの感染者の増え方が衝撃でした。 思えば今年の2月から新型コロナウィルスの話しが出始めて、春に

リトミックフェスティバル

今回のリトミックフェスティバルも徐々に動きだしました。😍 コロナがなかなか収まらない中、日々悩みながらレッスンしています。 最近はソーシャルディスタンスなどで人と人との繋がりが希薄になってしまって悲しいですね。でもこう時だからこそステージで一つの目標に向かって忘れかけている絆や出会いを大切にしたいと考えています。 リトミックフェスティバルは来年1月17日(日)ちえりあホールです。 例年はオー

第11回ブルーベルリトミックフェスティバルのお知らせ

暑さが遠のいて秋の気配と共にリトミック教室に来られる月一の生徒さんも増えて来ました。 年一回のフェスティバルだけではせっかく 来年の1月はどのような社会状況か分からずブルーベルフェスティバルの開催も悩みましたが、終息しつつあることと、今は前に進むべきと考えて開催することにしました。 2021年1月17日(日)ちえりあホールです。 今までは、ホールを午後、夜間で借りてリトミックのステージとピアノ発表

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now