• ブルーベルリトミック

今年のコンクール


 夏はピアノもコンクールのシーズンです。

でも今年はコロナ禍で軒並み中止に追い込まれています。

そんな中で毎日こどもコンクールは、予選はweb審査、本選はサンプラザホールで行われました。やはりピアノを一生懸命やっている子ども達にとっては学習の目標が必要ですので開催して頂けたのは本当にありがたかったです。


 予選は初めての録音審査ということで細かいことに気をつけたり、生徒自身が自分の録音を何回も聞いたりと今までとは違った観点から学習出来たのはとても良かったです。

 本選会では、久しぶりに演奏を舞台で聴くことが出来ました。上手な生徒さんがたくさんいる中でブルーベルリトミックに通われている生徒さん達はひときわ身体が上手に使えているように見えました。

音楽を表現するということは演奏は指や音だけで表しきれないことがたくさんあります。特に広い舞台で演奏の時は身体で大きく表現することが大切ですね。


 コンクールリトミックでは毎月第2日曜日に色々な教室に通われている生徒さんが集まり、演奏し主に身体の使い方を勉強しています。

広い舞台で演奏するとやはり身体の使い方の重要性を痛感します。

練習をたくさんしても行き詰まることもあります。そういう時は、ただ練習するのではなく身体と演奏が上手く一致しているか見直したり、他の人の演奏を見たりするとまた前に進めることがあります。


ピアノは練習も一人、本番も一人、寂しい時もあります。一緒に学ぶことが楽しいと思えるような学習の場を作ることによりピアノが楽しい

と生徒が思えるように今後も活動を続けたいと思っています。

皆さまのご参加お待ちしています!


青村理恵子


31回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

お知らせ

月に一度、第2日曜日に開催しておりました親子リトミックとキッズリトミックですが、年間30回の定期レッスンに移行することにしました。 延べ人数はたくさんの方々に参加して頂きましたが、この1年は、コロナに翻弄された1年でした。非常事態宣言が出てやむなく休講にしたり、生徒さん自身も大事をとってお休みされたりと中々大変な1年でした。 レッスンに参加された時は"楽しかった"とみんなニコニコなのですが、それが

リトミック勉強会

2021年も明けて1ヶ月になろうとしていますがまだ明るいニュースは入って来ませんね。 皆さんはいかがお過ごしでしょうか? 先週の日曜日にちえりあホールでリトミックの勉強会を終えました。 今年度のリトミックフェスティバルは中止になりましたが、ホールは予約していたため"何か来年につながることはできないだろうか?"と講師で話し合いました。 講師の菅原麗さんの発案で生のピアノ演奏を使ってそれに振りをつける

参加のお願い

外はイルミネーションがキラキラとしていて楽しそうにクリスマスの音楽が流れていますが、自粛が続き気持ちが前向きになれない毎日ですね。  世界中、音楽家もダンサーも劇団員も合唱も吹奏楽もオーケストラもプロもアマも学生さんも照明さんや音響さんも、皆んな今までやって来たことが出来なくなって悩んでいると思います。 10年続けて来たリトミックのフェスティバルも中止にしました。いつも子ども達を集めるのに苦労し、

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now