• ブルーベルリトミック

絶対音感とは?

音楽の世界でよく耳がいいとか悪いとか言われる事があります。それは聞こえるか聞こえないかではなく音の高さをどれだけ聞き分けられるか、音を正確に言い当てられるかということを意味しています。 世間一般でよく言われている"絶対音感"という言葉です。   生徒にA子ちゃんという女の子がいました。 彼女はピアノを弾くのに恵まれたしっかりとした手を持っていて、豊かな音楽性も持っていました。でも残念なことに音の高さ(音程)がよく聞き取れないので上手く楽譜が読めません。 音楽大学を受験するときに試験科目になっている聴音もとても苦手でした。 しかし彼女は小さい頃から音楽をよく聴く家庭に育っていたため音楽を聴く耳は素晴らしい耳を持っていました。音楽の音は雑音に聞こえる音から心地の良い音、響きも様々です。世界中にピアニストはたくさんいますが同じピアノで弾いても一人として同じ音色ではありません。彼女はその数あるピアニストの音、音楽を本当によく聞き分けていました。 その鍛えられた耳は演奏にも反映されていて人の心を揺さぶる素晴らしい演奏です。 音の高さを聞き分ける耳は先天的な物、音楽を感じる耳は後天的な物と私は思っています。 よく生徒に"耳が良くない"という先生や、絶対音感をつけさせようとしている親も見かけますが百害あって一利なしの考え方だと思います。   人によって感じる美しい音は様々です。子供はお母さんのお腹にいる時からお母さんの好きな曲を一緒に聞いています。お母さんが美しいと思う音は子供も美しいと思うものです。 "絶対音感をつけさせる"という強制する気持ちではなく、いい音、素敵な音楽を子供と一緒に聴いて感動する気持ちを共有するのが一番の教育だと思っています。


青村理恵子

65回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

お知らせ

月に一度、第2日曜日に開催しておりました親子リトミックとキッズリトミックですが、年間30回の定期レッスンに移行することにしました。 延べ人数はたくさんの方々に参加して頂きましたが、この1年は、コロナに翻弄された1年でした。非常事態宣言が出てやむなく休講にしたり、生徒さん自身も大事をとってお休みされたりと中々大変な1年でした。 レッスンに参加された時は"楽しかった"とみんなニコニコなのですが、それが

リトミック勉強会

2021年も明けて1ヶ月になろうとしていますがまだ明るいニュースは入って来ませんね。 皆さんはいかがお過ごしでしょうか? 先週の日曜日にちえりあホールでリトミックの勉強会を終えました。 今年度のリトミックフェスティバルは中止になりましたが、ホールは予約していたため"何か来年につながることはできないだろうか?"と講師で話し合いました。 講師の菅原麗さんの発案で生のピアノ演奏を使ってそれに振りをつける

参加のお願い

外はイルミネーションがキラキラとしていて楽しそうにクリスマスの音楽が流れていますが、自粛が続き気持ちが前向きになれない毎日ですね。  世界中、音楽家もダンサーも劇団員も合唱も吹奏楽もオーケストラもプロもアマも学生さんも照明さんや音響さんも、皆んな今までやって来たことが出来なくなって悩んでいると思います。 10年続けて来たリトミックのフェスティバルも中止にしました。いつも子ども達を集めるのに苦労し、