• ブルーベルリトミック

二人三脚

4 月に入って新学期が始まりましたね。 ピアノを始める方も沢山いらっしゃるのではないでしょうか。また、コンクールシーズンに向けての取り組みを始める方も多いでしょう。

現在ピアノを習っている生徒のお母様の悩みの多くが、子どもが言うことを聞かない。ちょっと注意すると反抗する、です。 30年に渡って小さい時から大人になるまでたくさんの子ども達を見ていて思うことは"反抗期の無い子どもはいない"ということです。 親がその反抗をどう受け止めるかが親子関係を良好に保つカギになりそうですね。

ピアノは親子二人三脚で歩んで行くことが多くて親子関係が濃密になるので喧嘩になることも多々あると思います。音の間違いや、指の間違いなど子どもにとってはどうでもいい⁈注意をくどくど言われるので子どもは頭に来るわけです。でもピアノを学習して行く上でとても大切なことなのでお家で親が関わって頂きたいのです。そこでいくつかの留意点を上げたいと思います。

1、喧嘩になって子供の態度が悪くなっても親が言い負かさない。そこで一旦中断して引き下がる。 2、出来ないところがあっても昨日より良くなっているところを褒めて"また明日やろう"と言って出来てないところを気づかせる。 3、上達しないことにイラついたときは、1年前と比べてみる。(子供は必ず成長してます‼︎) 4、本番でどんな風に弾いても自分の子供のいいところを褒めて"あなたのピアノが好き"と言う。

親がピアノのお稽古に付き合う時間は長い人生の一時です。同じ目的(上達)で一緒の時間を共有できるなんてことはそうありません。 その一時を楽しむことが大切だと思います。 親が嬉しそうな顔をすると子供は必ず感じとります。親が音楽は素敵だなぁと思っていれば子どもは音楽が好きになります。 どんなに拙い演奏であってもピアノが弾けることに尊敬の念を持ち、伝えましょう。 音楽が好きでピアノが弾けることは子供にとって大切な宝物になって行くはずです。

青村理恵子

32回の閲覧

最新記事

すべて表示

コロナ禍の中で…

10年続けて来たリトミックフェスティバルも 来年1月の公演をお休みすることにしました。 楽しみにしていた子ども達が集まって来て、演目や振り付けもスタッフで練っている最中だったので本当に残念です。 9月からコンサートの客席の制限も元に戻ってちょっと胸を撫で下ろしていたのでこの11月の北海道の新型コロナウィルスの感染者の増え方が衝撃でした。 思えば今年の2月から新型コロナウィルスの話しが出始めて、春に

リトミックフェスティバル

今回のリトミックフェスティバルも徐々に動きだしました。😍 コロナがなかなか収まらない中、日々悩みながらレッスンしています。 最近はソーシャルディスタンスなどで人と人との繋がりが希薄になってしまって悲しいですね。でもこう時だからこそステージで一つの目標に向かって忘れかけている絆や出会いを大切にしたいと考えています。 リトミックフェスティバルは来年1月17日(日)ちえりあホールです。 例年はオー

第11回ブルーベルリトミックフェスティバルのお知らせ

暑さが遠のいて秋の気配と共にリトミック教室に来られる月一の生徒さんも増えて来ました。 年一回のフェスティバルだけではせっかく 来年の1月はどのような社会状況か分からずブルーベルフェスティバルの開催も悩みましたが、終息しつつあることと、今は前に進むべきと考えて開催することにしました。 2021年1月17日(日)ちえりあホールです。 今までは、ホールを午後、夜間で借りてリトミックのステージとピアノ発表

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now