• ブルーベルリトミック

音楽の力

皆さんは音楽という言葉をどうとらえていますか?音楽は音として雑音を含めて耳から流れて入って来るものですが、心で受け止めて初めて形になるものです。その音楽は心の中に住み着いてある時は生きる糧になったり、勇気を与えたり、淋しい気持ちを慰めたり変化しながら私達の宝物になると思うのです。

今日は一辺の詩をご紹介します。 この詩からは、音楽を素直に受け入れて様子が感じられます。 書いた生徒は、私も小さい時からよく知っていて第1回のブルーベルリトミックから参加しています。そして毎年の演目を心待ちにしてくれています。 彼女の周りには音楽があふれていて自然に彼女の心に音楽が根付いていることが分かる詩です。   私達大人は、これからたくさんのことを吸収する子ども達にに知識や経験を与え、育つ過程を 導く責任があります。 しかし音楽は決して強制するのではなく、自然に音楽が吸い込まれる環境を作ってあげることが必要です。 時間がかかることではありますが、ゆっくり焦らず見守って行くことが大切だと思うのです。 ブルーベルリトミックで聴いた曲も子ども達の心の中に残って成長の糧になって行くことを願っています。


49回の閲覧

最新記事

すべて表示

コロナ禍の中で…

10年続けて来たリトミックフェスティバルも 来年1月の公演をお休みすることにしました。 楽しみにしていた子ども達が集まって来て、演目や振り付けもスタッフで練っている最中だったので本当に残念です。 9月からコンサートの客席の制限も元に戻ってちょっと胸を撫で下ろしていたのでこの11月の北海道の新型コロナウィルスの感染者の増え方が衝撃でした。 思えば今年の2月から新型コロナウィルスの話しが出始めて、春に

リトミックフェスティバル

今回のリトミックフェスティバルも徐々に動きだしました。😍 コロナがなかなか収まらない中、日々悩みながらレッスンしています。 最近はソーシャルディスタンスなどで人と人との繋がりが希薄になってしまって悲しいですね。でもこう時だからこそステージで一つの目標に向かって忘れかけている絆や出会いを大切にしたいと考えています。 リトミックフェスティバルは来年1月17日(日)ちえりあホールです。 例年はオー

第11回ブルーベルリトミックフェスティバルのお知らせ

暑さが遠のいて秋の気配と共にリトミック教室に来られる月一の生徒さんも増えて来ました。 年一回のフェスティバルだけではせっかく 来年の1月はどのような社会状況か分からずブルーベルフェスティバルの開催も悩みましたが、終息しつつあることと、今は前に進むべきと考えて開催することにしました。 2021年1月17日(日)ちえりあホールです。 今までは、ホールを午後、夜間で借りてリトミックのステージとピアノ発表

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now