• ブルーベルリトミック

音楽の力

皆さんは音楽という言葉をどうとらえていますか?音楽は音として雑音を含めて耳から流れて入って来るものですが、心で受け止めて初めて形になるものです。その音楽は心の中に住み着いてある時は生きる糧になったり、勇気を与えたり、淋しい気持ちを慰めたり変化しながら私達の宝物になると思うのです。

今日は一辺の詩をご紹介します。 この詩からは、音楽を素直に受け入れて様子が感じられます。 書いた生徒は、私も小さい時からよく知っていて第1回のブルーベルリトミックから参加しています。そして毎年の演目を心待ちにしてくれています。 彼女の周りには音楽があふれていて自然に彼女の心に音楽が根付いていることが分かる詩です。   私達大人は、これからたくさんのことを吸収する子ども達にに知識や経験を与え、育つ過程を 導く責任があります。 しかし音楽は決して強制するのではなく、自然に音楽が吸い込まれる環境を作ってあげることが必要です。 時間がかかることではありますが、ゆっくり焦らず見守って行くことが大切だと思うのです。 ブルーベルリトミックで聴いた曲も子ども達の心の中に残って成長の糧になって行くことを願っています。


50回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

お知らせ

月に一度、第2日曜日に開催しておりました親子リトミックとキッズリトミックですが、年間30回の定期レッスンに移行することにしました。 延べ人数はたくさんの方々に参加して頂きましたが、この1年は、コロナに翻弄された1年でした。非常事態宣言が出てやむなく休講にしたり、生徒さん自身も大事をとってお休みされたりと中々大変な1年でした。 レッスンに参加された時は"楽しかった"とみんなニコニコなのですが、それが

リトミック勉強会

2021年も明けて1ヶ月になろうとしていますがまだ明るいニュースは入って来ませんね。 皆さんはいかがお過ごしでしょうか? 先週の日曜日にちえりあホールでリトミックの勉強会を終えました。 今年度のリトミックフェスティバルは中止になりましたが、ホールは予約していたため"何か来年につながることはできないだろうか?"と講師で話し合いました。 講師の菅原麗さんの発案で生のピアノ演奏を使ってそれに振りをつける

参加のお願い

外はイルミネーションがキラキラとしていて楽しそうにクリスマスの音楽が流れていますが、自粛が続き気持ちが前向きになれない毎日ですね。  世界中、音楽家もダンサーも劇団員も合唱も吹奏楽もオーケストラもプロもアマも学生さんも照明さんや音響さんも、皆んな今までやって来たことが出来なくなって悩んでいると思います。 10年続けて来たリトミックのフェスティバルも中止にしました。いつも子ども達を集めるのに苦労し、