• ブルーベルリトミック

音楽の輪

6月に入り暑い日が続いておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

コロナはなかなか収まらないものの、学校が始まったり、お店が再開したり、少しずつ日常生活に戻りつつありますね。

コロナ騒動があってから、今まではごく当たり前に感じていた、人と人との関わり合いがいかに大切かを考えさせられているような気がします。

早くマスクなしで笑い合える日々が戻ってくることを願うばかりです。


さて、今回のブログでは月一リトミックに毎回熱心に通って来てくれている生徒さんのお話をしたいと思います。

その生徒さんは保育園育ちの元気いっぱいの1年生の女の子です。


彼女が初めてリトミックと出会ったのは、2018年にちえりあホールで開催されたブルーベルリトミックフェスティバルでした。

お母さんと一緒に観に来てくれた彼女は、舞台終演の後「舞台がキラキラしてて衣装もすっごくかわいかった!」とにこにこしながら言ってくれました。

その後、昨年3月からはじめた月一リトミックに熱心に通い、2019年のリトミックフェスティバルにも参加してくれました。


お姉さん肌の彼女は年下の女の子ともすぐに打ち解けて仲良くなったり、合唱では元気いっぱい声をだしたり、ブルーベルリトミックのムードメーカーです。


そんな彼女が、7月に遠くにお引越しする事になりました。

リトミックには今までのようには通えなくなってしまうけど、発表会は観に来たい!と言ってくれています。


ブルーベルリトミックでは、学校も学年も違う子ども達が毎月一緒にレッスンを行なっています。

ピアノという習い事は個人なので、他のお友達と交わる事は年に一回の発表会くらいしかありませんが、リトミックでは音をつなぎ、リズムをつなぎ、気持ちをつなぐことで普段の生活では出会えない音楽の友達が出来るのです。


リトミックを通して、彼女の心の中にも音楽の楽しさ、友達と一緒に奏でるリズムのアンサンブル等、何か楽しい思い出が残ってくれていたら嬉しいなと思っています。


コロナの影響でリトミックのレッスンもお休みが続いてしまいましたが、7月は元気いっぱいリトミックが行えるように感染予防対策を行いながら講師一同頑張りたいと思います!

皆さまのご参加お待ちしております。


青村

26回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

お知らせ

月に一度、第2日曜日に開催しておりました親子リトミックとキッズリトミックですが、年間30回の定期レッスンに移行することにしました。 延べ人数はたくさんの方々に参加して頂きましたが、この1年は、コロナに翻弄された1年でした。非常事態宣言が出てやむなく休講にしたり、生徒さん自身も大事をとってお休みされたりと中々大変な1年でした。 レッスンに参加された時は"楽しかった"とみんなニコニコなのですが、それが

リトミック勉強会

2021年も明けて1ヶ月になろうとしていますがまだ明るいニュースは入って来ませんね。 皆さんはいかがお過ごしでしょうか? 先週の日曜日にちえりあホールでリトミックの勉強会を終えました。 今年度のリトミックフェスティバルは中止になりましたが、ホールは予約していたため"何か来年につながることはできないだろうか?"と講師で話し合いました。 講師の菅原麗さんの発案で生のピアノ演奏を使ってそれに振りをつける

参加のお願い

外はイルミネーションがキラキラとしていて楽しそうにクリスマスの音楽が流れていますが、自粛が続き気持ちが前向きになれない毎日ですね。  世界中、音楽家もダンサーも劇団員も合唱も吹奏楽もオーケストラもプロもアマも学生さんも照明さんや音響さんも、皆んな今までやって来たことが出来なくなって悩んでいると思います。 10年続けて来たリトミックのフェスティバルも中止にしました。いつも子ども達を集めるのに苦労し、