• ブルーベルリトミック

コロナウィルス騒動も収まらないまま4月に突入してしまいました。テレビを見ていると毎日コロナのことばかりなので季節も忘れそうです。先日気分転換にお庭のお花を買いに行ったらパンジーやクロッカスやチューリップが並んでいて春を感じました。 春と言えば学年も変わり、入園したり、入学したり習いごとを始めたりと親にとってもも子どにとっても一年で一番ウキウキする季節ですよね。冬の眠りから醒めて木々が芽吹き花が咲き始める春に入学が始まるのは、四季がはっきりしている日本にはピッタリのように思います。 さてせっかくの芽吹く時期にコロナウィルスのせいで人間の体内時計が狂ってしまいそうで心配です。 ブルーベルリトミックのホームページを検索して下さる方は増えているようです。 習いごとを検討している方はやはり多いのかもしれません。 今は人との接触が極端に制限されていますが、反対に今回のことで人と人とのつながりで社会が成り立っていることの大切さを感じさせる出来ごとでした。 終わりのない出来事はないし、音楽がなくなることもないし、子どもたちの賑やかな声が消えることもないですね。 嫌なことも、楽しいことも必ず終わりがある。 終わりがあるからまた出直すこともできるんですね。 4月中には終息して、5月の第二日曜日にはまた元気な子ども達の笑顔が集まってくれることを心待ちにしています。 青村 理恵子

22回の閲覧

最新記事

すべて表示

コロナ禍の中で…

10年続けて来たリトミックフェスティバルも 来年1月の公演をお休みすることにしました。 楽しみにしていた子ども達が集まって来て、演目や振り付けもスタッフで練っている最中だったので本当に残念です。 9月からコンサートの客席の制限も元に戻ってちょっと胸を撫で下ろしていたのでこの11月の北海道の新型コロナウィルスの感染者の増え方が衝撃でした。 思えば今年の2月から新型コロナウィルスの話しが出始めて、春に

リトミックフェスティバル

今回のリトミックフェスティバルも徐々に動きだしました。😍 コロナがなかなか収まらない中、日々悩みながらレッスンしています。 最近はソーシャルディスタンスなどで人と人との繋がりが希薄になってしまって悲しいですね。でもこう時だからこそステージで一つの目標に向かって忘れかけている絆や出会いを大切にしたいと考えています。 リトミックフェスティバルは来年1月17日(日)ちえりあホールです。 例年はオー

第11回ブルーベルリトミックフェスティバルのお知らせ

暑さが遠のいて秋の気配と共にリトミック教室に来られる月一の生徒さんも増えて来ました。 年一回のフェスティバルだけではせっかく 来年の1月はどのような社会状況か分からずブルーベルフェスティバルの開催も悩みましたが、終息しつつあることと、今は前に進むべきと考えて開催することにしました。 2021年1月17日(日)ちえりあホールです。 今までは、ホールを午後、夜間で借りてリトミックのステージとピアノ発表

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now